Notes/Domino 関連プロジェクト範囲を90%削減する方法

Notes/Domino の新しいバージョン導入、新しいアプリケーションのモダナイズの試み、場合によっては新しいプラットフォームへの移行。チャレンジングなプロジェクトが皆さんを待ち構えています。いづれの試みにせよ、またボリュームの大小に関わらず、これまでの Notes/Domino 資産を有効に活用したいと考えるとき、まず最初に私たちの頭に浮かぶのは「いったいこのアプリケーションは本当に使われているのか?」であったり「本当にビジネスに価値あるものなのか?」であったりします。これには疑問の余地はありません。しかし、そのように使用状況だけを頼りにしたデータベースの選定だけを頼りに開始したプロジェクトが今なお破綻を来しているかのごとく、先の見えないエンドレスなプロジェクトとなり、それに関わるリソースもコストも疲弊してしまっています。何故こんなことが起きたのでしょう。いったいなにが悪かったのでしょうか。

そこには使用状況だけを鵜呑みにするだけではいけなかった何かがあったはずです。現にどのようにアプリケーションを選定しているかを尋ねると、Notes データベースの使用状況から読み込み書き込みの数が多ければ、「おそらく」大事なものだろうぐらいの調査と選別しか行われていません。これはベンダーにお願いするコンサルティングから得られる情報もこの程度に過ぎないことが多いと聞きます。しかし、これだけの情報だけでは、後々プロジェクトが炎上を迎えるのは自明の理と言わざるを得ません。

実はプロジェクトの概要すら把握できずにプロジェクトがスタートしているケースが多い

ほとんどのモダナイズ/移行プロジェクトでは、データベースの分類分けからスタートしているはずですが、その分類分けが実は想像の世界で繰り広げられています。昨日まではもう捨てるはずのデータベースの部類に入っていたのが今日になって、「これは絶対要るぞ」と変わってみたり、「これもしかたらあの部門では重要なものじゃないの、よく設計の内容を精査してみないと」などと変わってみたり。プロジェクトが前進すると思いきや後退し始めることも。

データベースの使用状況と設計の複雑さはセットで考える

モダナイズにしろ、他のプラットフォームにしろ、複雑なデータベース設計をもつデータベースの対応には相当な人的リソースやコストを割く必要があります。はっきり言えば、データベースの使用状況だけの選定だけではプロジェクトは頓挫してしまいます。あなたのビジネスに深く関わっているデータベースは、深く関われば関わるほど、複雑な設計で、ビジネスロジックがたくさん記述されているケースがほとんどです。従って、設計の複雑さはビジネスに必要かどうかの良い指標となり、より精度の高い選定に必ず貢献するはずです。設計の複雑さは、ここでは単に設計の数だけを言うのではなく、実装されたコードの行数も考慮すべきではないでしょうか。

テンプレートから派生したデータベースを把握する

Notes を長く使っている企業ほどかつて流行したエンドユーザーコンピューティングによるアプリの乱立が見られます。文書ライブラリテンプレートから作成されたデータベースがいくつもあるという企業は少なくありません。もしテンプレートからの設計の引継ぎがあれば、それを頼りに同じ設計だと判断もできますが、そんなに整理された環境ではなく今では無法地帯と化している企業もあることでしょう。

でも設計間の類似性がもし把握できたらどうでしょう?98% はテンプレートと同じだと指標がでれば、ユニークで独立したアプリとしか評価できなかったプロジェクトが、一気にアプリケーション群をいくつかに集約し整理することが可能になるはずです。

コード解析の必要性

一度始まったプロジェクトでよく起こるのが、これは簡単に移行できるデータベースだと思っていたら、設計をよく調べたらとんでもないコードが紛れ込んでいたといった類いです。他データベースとの参照やメールシステムに依存しているもの、サーバー名やファイル名がはハードコーディングされていて統廃合できないものなどなど。


panagenda iDNA Application はプロジェクトの全体像を明確に浮き彫りにし、なにから手をつければよいのか、どう対処すればよいのかをビジュアルで確認できす。これからプロジェクトを計画する際はもちろん、プロジェクト途中で頓挫しそうな場合にも説得力のあるデータで次の打開策が必ず見つかるはずです。

MarvelClient Upgrade Free が 10.0.1 FP2 まで対応

panagenda 社が無償で提供を開始した MarvelClient Upgrade Free ですが、当初の計画では 10.0.1 FP1 までの対応となっていました。ところが海外のイベント DNUG 開催中、既に 10.0.1 FP2 が IBM からリリースされているにも関わらず、Upgrade Free では 10.0.1 FP1 までの対応に残念に思う人々が panagenda 社へ問いかける形で、panagenda社の公式Twitterアカウントのツィートに200リツィートがあれば対応を拡張するとし、みごと200リツィートが達成。

panagenda 社が正式に Upgrade Free で 10.0.1 FP2 までの対応を発表しました。

すでに MarvelClient Upgrade Free をインストールされているお客様は、再度オンラインアップデートで 10.0.1.FP2 に対応したモジュールを入手いただけます。

まだ、Upgrade Free をお持ちでないお客様は入手のためのリクエストを下記の URL でしてください。

https://www.panagenda.com/products/marvelclient/free-upgrade/?lang=ja

この機会をお見逃しなく!

Kudos Boards の Microsoft Office 365 版をリリース

IBM Connections のユーザーで多くのライセンスを販売している ISW 社の Kudos Boards が Office 365 とのインテグレーションが可能となる Microsoft Office 365 版をリリースしました。

Teams、Outlook、OneDrive、SharePoint との連携がわかるショートビデオをご覧ください。

Kudos Boards for Microsoft Office 365 は Microsoft Office 365 のユーザーアカウントからお試しいただくことができます。

詳細はこちらをご参照ください。

Webセミナー「panagenda MarvelClient と Upgrade Free ご紹介セミナー」開催のご案内

IBM Notes/Domino 10.0.1 で搭載されたノーツクライアント管理ツール「panagenda MarvelClient Essentials」と今年サンフランシスコで開催された IBM Think で電撃発表されたノーツクライアントの10.0.1へのアップグレードを自動化する「panagenda MarvelClient Upgrade Free」について入手方法からセットアップ、操作方法などを詳しくご紹介するWebセミナーを開催します。

グローバルワイドにおける Notes/Domino 界隈では既に大きな話題になっており、日本のユーザーにもご活用いただけるように今回のセミナーを企画しました。

さらに有償版の「MarvelClient」を使用することで、ノーツクライアントのインベントリー情報を収集し、例えば、展開しているOSやノーツのバーションを把握。各クライアントの notes.ini やプリファレンスの内容の把握や修正。ワークスペースアイコンやブックマークの管理ができヘルプデスク業務の工数を大幅に削減したり、潜在的な問題への素早い対応を行うことができます。

「MarvelClient Upgrade Free」は Notes 10.0.1 へのクライアントアップグレードを自動化し、これまでの作業工数を劇的に削減するだけでなく、クリーンなインストールでクライアントの健全化に大きく貢献するはずです。

283ec8d5-ae59-45a3-a904-9c9e9a518ed8.png

###### 開催概要 ######
– 日時: 6月6日(木)午後2時開始
– セミナー形式: オンラインセミナー
– 主催: ケートリック株式会社
– 参加費等: 無料(事前登録制)
– 詳細・お申し込み:https://zoom.us/webinar/register/WN_-VByCtPWQVGTVO0D6ZaEPg


MarvelClient Essentials 日本語UIのリリース

お待たせしました!2019年4月17日以降のオンラインアップデートで MarvelClient Essentials の日本語UIがご利用いただけます。MarvelClient Essentials のリリースは MC 10.0.11 となります。

日本語UIをご利用いただくには、Online Update で

  • 最新のテンプレートから設計置換する(自動で行われます) MC 10.0.11

  • 最新のテンプレートの言語パックの指定をして再度 Online Update

一度 Onlime Update を行い、現状のリリースを最新にしていただきます。その際最新のテンプレートになります。一旦ここで MC Config データベースを閉じてください。そして、再度 Online Update を行いますが、その際ダウンロードする言語パックを指定を「Japanese」にチェックを入れてOnline Update を実行してください。(最新のテンプレートにしないと言語パックの指定がでてきませんのでご注意ください。)

2019-04-22_175318.png

言語の切り替えはアプリケーション上部の「Select Language」から「Japanese」を選択すると表示が切り替わります。

Japanese の言語選択が出てこない場合には、ドイツ語のチェックを外してもう一度オンラインアップデートをすると表示されます

MarvelClient Upgrade 無償版提供開始

Notes 10.0.1 へのアップグレードをこれまでにない作業スピードと、コストと労力を極限まで抑えた方法で実現しませんか?

blog2.jpg

おそらくこれまでの Notes クライアントのアップグレード作業は非常に手間のかかるものではなかったでしょうか?

アップグレード作業を支援するため panagenda 社から MarvelClient のアップグレードモジュールの無償提供のオファリングが利用可能です。MarvelClient Upgrade 無償版を使えば、数分のうちにアップグレードに必要な設定で、ユーザーのクライアントを自動アップグレードすることが可能です。このサイトからサインアップしていただければ、近日中に MarvelClient Upgrade 無償版のライセンスキーが皆さんのお手元に届きます。

upgrade_notes_10-0-1.gif

Upgrade 無償版を利用する利点

MarvelClient は全世界に1000万ユーザーが利用するノーツクライアント管理ツールで、ノーツクライアントのアップグレードもこのツールを使って行っているお客様が全世界におり、またそのノウハウは今回の無償版にも注ぎ込まれています。

アップグレードすべきノーツユーザーやグループはもちろん、OSのばらつきに加え、既に展開されているNotesクライアント自体のリリース、FPレベルの違いも少なからずアップグレードの作業に影響が出てきます。また、PCクライアントの空き容量やメモリーなどアップグレード可能か否かも重要なファクターです。MarvelClient Upgrade は無償版ももちろんそのような細かな条件に基づくアップグレードの制御が可能です。

MarvelClient Upgrade 無償版を使用するアップグレードのシナリオは極めて簡単。

  1. 展開するアップグレードパッケージをダウンロードし、MC Upgrade 内で選択

  2. 展開するユーザーやグループを選択

  3. アップグレードしたいクライアントのバージョン、OSのバージョンを指定

  4. 自動アップグレードに必要なユーザー認証情報を作成

  5. 展開を開始するボタンを押して終了!これだけです。

簡単だからといって、決してコントロールを失うわけではありません。オプション設定でこんなことも可能です。

  • アップグレードをいつ、どんな条件のとき開始するかを指定することができ、ユーザーが使用しているコアビジネス時間を避けて行ったり、ユーザーが外出しているときにでも可能です。

  • PCのリソースに基づいて実行することができます。

  • 展開中の状況をモニターすることが可能です。

  • FixPackのみの適用にも対応しています。

  • インストールディレクトリーの指定も可能です。

  • アップグレード後の ini 設定も変更可能です。

  • アップグレードが始まるとユーザーがいなくてもデータのロスなくクライアントをシャットダウンします。

  • ユーザークライアント使用中アップグレードの開始を拒否することも可能ですが、何度まであるいはどれぐらいの時間までと制限をかけることができます。

MarvelClient Upgrade 無償版を使用するには?

前提となる MarvelClient が必要ですが、同じく MarvelClient Essentials が無償で提供されています。MarvalClient Basic をご購入いただいたお客様も同様です。また、MarvelClient をご利用でないお客様はまず無償提供されている MarvelClient Essentials をご導入ください!